注文住宅で理想の家づくり

信頼できるハウスメーカーを選んで安心の家作り

意外に多い注文住宅の失敗談

建売ではなく、注文住宅を選択する方の多くは、自分の家に理想があるのではないでしょうか。
「こんなリビングがいいな」「ここに洗濯機があれば家事も楽になるな」「とにかく収納がたくさんほしい」「子供が大きくなったらリフォームして部屋を分けてあげよう」などいろんな形がありますよね。

そんな思いを叶えてくれる会社に家づくりを依頼するわけですが、注文住宅の場合、ハウスメーカーや工務店がその対象になります。
では、ハウスメーカーと工務店はどう違うのか、確認してみましょう。

まず、大きく違うのは会社の規模です。
工務店の多くは小規模で地域密着型が多いです。
一方、ハウスメーカーは大規模で、CMでもお馴染みの会社もあるでしょう。
また、家を建てる上でのプランは工務店の方が自由度が高いと言えます。
間取りや外観など、施主とともに話をしながら理想に近づけるよう話を進めていきます。
ハウスメーカーは大きな企業もあり、進め方や間取り、素材など、ある程度型化されていることが多く、パターンから選ぶ形式が多いようです。

では、最も重要視したい施工の技術面ではどうでしょうか。
工務店は職人さんが現場で作業をしていきます。
つまり、仕上がりは職人次第となり、腕のいい職人さんもいますが、場合によっては仕上がりに満足できないこともあるでしょう。
この点、ハウスメーカーは工場で加工された建築素材を使用します。
機械による作業も多く、作業員による仕上がりのムラがないので、精度は高いものとなります。
完成後の、メンテナンスは、工務店は会社によって様々なので、選ぶ時に注意が必要ですね。
ハウスメーカは定期点検や無料修理期間を設けられている場合がほとんどなので、この点は安心できますね。

一生に一度の買い物ですから、失敗しないためにも、自分のスタイルにあった会社選びが、理想の家づくりの第一歩なのです。